2010年12月11日

外反母趾への対処方法例

外反母趾になった場合の対処方法をご紹介します。

まず、ストレッチやテーピング、あるいは足の指を動かすリハビリなどが、外反母趾の保存的療法として知られています。

外反母趾になったとき、すぐに諦めずに、まずはこの保存的療法を試してみましょう。足の指を動かすリハビリなどでも、改善されることがあります。

テーピングも、外反母趾の痛みを和らげたり、症状そのものを改善させたりできることがありますので、ためしてみる価値はあります。

以上のような保存的療法でも、症状によっては痛みがなくなることがありますが、骨が変形してしまった場合は、それを正常に戻すと言うことは難しいでしょう。

外反母趾の症状が進んで、骨が変形してしまった場合は、手術により張り出した骨を切除したり、変形を矯正することが必要になってきます。

次に、靴によって外反母趾を矯正していく方法です。

外反母趾様の靴は、日常使用することで外反母趾を矯正する工夫がされていますが、履き物ということであれば、靴以外にもインソール、サンダル、草履といった物が作られています。

外反母趾には、単に幅広の靴であればよいということでもありません。外反母趾の人は、特に自分にあった靴を使うようにしなければなりません。

たとえば幅が広すぎる靴ですと、足を支える力が分散しすぎて、かえって外反母趾を悪化させることもあるのです。

以上のように、外反母趾の対処方法としては、保存的療法、靴などによる矯正、そして場合によっては手術があります。




posted by 歩く人 at 12:16| 外反母趾になったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾用のお洒落な靴

最近、外反母趾関係で増えてきているのが、外反母趾専用の靴専門店です。これは外反母趾で悩んでいる人たちにとっては嬉しい状況ですね。

外反母趾の靴というと、幅広で機能を重視した地味なデザインばかりだと思われています。

一般的な靴屋さんや、デパートなどの靴売り場では、確かにデザインが良いとは言えない商品しか置かれていません。

しかし、機能ばかりでなく、デザインも重視された外反母趾用の靴を取りそろえた専門店が増えてきました。

そこでは、驚いたことに外反母趾には大敵とも言えるパンプスやヒールといった種類の靴まで外反母趾用として用意されているのです。

しかし、そこで売られているそれらの靴は、きちんと外反母趾用の対策が施されてもいるのです。

ただ、この外反母趾用の靴専門店は、増えてきたとはいえまだまだ少ないですから、むやみに探しても見つからないでしょう。まずはインターネットで探してみることをお薦めします。

なお、これらの専門店では、靴だけではなく、外反母趾用のグッズも取りそろえている場合が多く、インソールやサポーターも見つけることができるでしょう。

このような専門店ができたことで、これまで外反母趾だからと諦めていたデザイン性の高い靴も選ぶことができる様になりますね。




posted by 歩く人 at 12:16| 外反母趾になったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾の症状

外反母趾は、むやみに怖がる病気ではありませんが、対応が悪いと歩行困難にまでなりますので、決して楽観できる病気ではありません。

外反母趾の症状を簡単に述べてしまうと、足の親指が異常に曲がってしまうということです。

そしてこの症状によって痛みが発生したり、他の指にも悪影響を及ぼす様になる場合は、すぐに何らかの対応をしなければなりません。

外反母趾というと、靴を履くと痛いもの、という印象もあるようですが、他にも様々な症状がありますので、必ずしも靴を履いたときの痛みだけではないので注意が必要です。

まず、自分がどのような症状なのかと言うことを把握することが、外反母趾の改善の第一歩です。この症状のにより、治療方法や使用するツールが変わってきます。

このように、外反母趾になってしまったときに大切なことは、症状を把握して適した治療方法を選択することです。

いずれにせよ、とりあえずの対処としては、まずは靴選びから始めることは重要です。それは、日常生活においては、まず歩くことへの対処を考えねばならないからです。

外反母趾を矯正する靴の種類も増えてきていますので、専門店で適した靴を探すことをお薦めします。

外反母趾は、一度悪化してしまうと、完治が難しい病気だとも言われています。

そのためにも、初期症状が発症した段階で、まずは悪化しないようにすぐに対応することが大切です。




posted by 歩く人 at 12:15| 外反母趾になったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾が痛む場合

外反母趾と言っても症状は様々です。中には痛みが伴わないため、外反母趾であることに気付かない場合もあります。

しかし、痛みが出てきた場合は、どのような状況になっているのでしょうか。

外反母趾で痛みが生じるのは、親指の付け根が大きく張り出してしまい、この部分が靴に当たって痛みが生じるというタイプが多いようです。

また、さらに悪化すると、靴を履いていないときでも、立っているだけで痛みが生じる様になります。

ですから、痛みがある場合は、外反母趾としてはかなり悪化していると言えます。

痛みが出た場合には、矯正用の靴を私用したり、テーピングやサポーターにより矯正することを検討すべきでしょう。

とにかく痛みがある場合はすぐにでも対処が必要となります。

また、外反母趾で痛くなる部分は、必ずしも足先だけとは限りません。

特に女性に多いのですが、外反母趾を原因とする膝の痛みや腰痛があります。

これらは、外反母趾によって歩き方が不自然になり、姿勢の悪さが膝や腰に負担を掛けてしまうということによります。

そしてこれらの痛みがより進んでくると、ひどくすると歩くことが困難な状態にまでなってしまいます。

ですから、外反母趾は足先だけの症状だと軽く見ずに、症状が現れたらすぐに対処するようにしましょう。




posted by 歩く人 at 12:15| 外反母趾になったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾の相談先

外反母趾は、黙っていても治る物ではありません。症状に気付いたら、速やかに病院で診察を受ける必要があります。

まだ歩くことに支障がないなどと思って放っておくと、手術が必要なほど悪化してしまいます。

手術をしないためにも早期発見と早期の治療が必要です。

ところで外反母趾の症状がでたら、どこに相談すれば良いのでしょうか。

まずは整形外科が身近な相談先でしょう。外反母趾かどうかわからない、というときでも診察を受けることをお薦めします。

ただ、外反母趾の治療は経験豊富な医師がいる方が良いので、インターネットで病院のサイトを確認したり、クチコミサイトで調べておくと良いでしょう。

近くに総合病院がある場合は、外反母趾外来が設置されている場合もあるので、確認してみましょう。

とにかく、疑わしいと思ったら、すぐに対処する必要があります。




posted by 歩く人 at 12:14| 外反母趾になったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。