2010年12月11日

外反母趾をテーピングで治す

外反母趾の治療法に、テーピングによる矯正があります。

このテーピングによる矯正方法は、誰でも覚えてしまえば自分で継続できることが長所です。

すでに痛みが有る場合でも、まだ痛みはないという場合でも、このテーピングによる矯正方法は有効です。

テーピングの方法はそれほど難しいものではありませんので、一度コツを覚えてしまえば、後は簡体にできるようになります。

テーピングによる矯正は、時間がかかるものです。もちろん症状によりその期間は異なりますが、焦りは禁物です。

また、テーピングの方法も、その症状に合わせて変える必要がありますので、注意してください。

さらに、テープの伸縮性の強さも、症状に合わせて選ぶ必要があります。

これらの方法やテープの選択にあたっては、専門家に自分の外反母趾の症状を見せて相談する必要があります。

一度相談して、正しいテーピングの方法やテープの種類がわかれば、後は自分で治療をけいぞくすることが可能です。

ただし、テーピングだけに頼らず、足の指の運動を行ったり、使っている靴の見直しを行うと行った、日頃の生活習慣の見直しも行うべきでしょう。

このように始めるに当たってやや面倒なテーピングですが、より気軽に試してみたい、という人には、外反母趾防止用のテーピング機能付き靴下がお薦めです。

この靴下でもテーピングの効果を試すことができます。




posted by 歩く人 at 12:20| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾のテーピング療法

外反母趾の治療法に、テーピング療法があります。

テーピング療法は、外反母趾による変形部分を矯正する治療法です。

即効性のある治療法ではありませんが、徐々に効果が表れてくるので、長期で行う治療法になります。

当然、症状が重いほど治療の効果が表れるまでの期間は長くなります。

外反母趾の矯正用靴を併用するなど、他の治療法と併用することでより治療効果を高めることができます。

ただし、テープの巻き方を正しく行わないと、治療効果がなくなりますので注意が必要です。

しかしテープの巻き方は決して難しいものではありません。最初に正しい巻き方をきちんと覚えれば、簡単にできるようになります。

正しい巻き方を覚えるまでは、専門家の指導を受ける必要があります。

もしもあまり効果が表れない、ということであれば、テープの巻き方が悪くなっている可能性がありますので、専門家に相談するようにしましょう。




posted by 歩く人 at 12:20| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾をサポーターで治療する

外反母趾は、足の痛みだけではなく、肩こりや腰痛といった諸症状の原因にもなります。

そこで、手軽に実施できるサポーターによる外反母趾の治療があります。

しかもこの外反母趾用サポーターですが、非常に種類が多く、どれを私用すればよいのか真欲くらいです。

また、外反母趾用サポーターのほとんどが、面ファスナーを採用することで、症状に合わせた調整が可能になっています。

さらに朗報なのは、最近の外反母趾用サポーターは、メッシュなどの薄い素材で作られているため、今まで履いていた靴でも、はき続けることができます。

この外反母趾用サポーターですが、外反母趾の痛みを和らげるだけではなく、本来足にあるはずの正しいアーチを矯正することにも役立ちます。

つまり、正常な歩行を行うための手助けをしてくれるのが外反母趾用サポーターなのです。

外反母趾用サポーターは、それほど高価な者ではありませんので、価格よりも、自分の症状に合わせて選ぶことが大切です。

注意すべきは、血行が悪くなるほど強く締め付けて使用しないことです。かえって症状が悪化することがあります。

外反母趾用サポーターを選ぶのが難しい場合は、専門家に相談しましょう。また、病院によっては、外反母趾用サポーターを販売しているところもありますので、確認してみましょう。

外反母趾を軽く見てはいけません。早期治療を目指すように心がけるべきです。




posted by 歩く人 at 12:20| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

整骨院でも直せる外反母趾

外反母趾の治療というと、すぐに浮かぶのが整形外科ですね。しかし、整骨院でも外反母趾の治療を行っているのです。

整骨院での外反母趾治療は、まず足の状態の診断から開始されます。

具体的には、指がどのように曲がっているかということはもちろん、靴底の減り方の癖や、立っているときにどのような重心のかけ方をしているか、また歩き方などもチェックされます。

これらの診断を行った上で、いよいよ本格的な治療が始まります。

もちろん、治療は患者さんの症状に合わせた方法を採用します。

たとえば、症状によっては、マッサージや運動、矯正の他に、患者さん自身が行えるサポーターやテープを使った治療の指導も行います。

ここでどのような治療方法が採用されるにしても、外反母趾の治療は時間が掛かるものだと知っておくことが大事です。

また、外反母趾の治療は、整骨院任せにするのではなく、自分自身でも正しい歩行や足の指の運動を行うといった努力を怠らないようにしましょう。

さらに重要なのは、早めに治療を開始することです。どうせ時間の掛かる治療だと始めることを先延ばしにしていると、症状が悪化してしまい、ついには歩行が困難になってしまうことがあります。

外反母趾は足だけの症状ではなく、体全体に悪影響を与えてしまう症状だと言うことを肝に銘じておきましょう。

最後に注意することですが、整骨院の全てが外反母趾の治療を行っているわけではありません。ですから、診断を受けに行くときは、事前の確認をしておきましょう。




posted by 歩く人 at 12:19| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾を治すオルゴール?

今、注目されている変わった治療法に「オルゴール療法」があります。様々な症状を改善させるというものですが、その中に外反母趾が含まれていることはさらに以外です。

オルゴールがなぜ、治療に有効なのか。それは、脳幹が心身の恒常性を回復させる原理に基づいており、特定の周波数がその脳幹に働きかけることができるということが根拠となっています。

その音楽の一つがオルゴールなのです。

そしてこのオルゴールには、医療用に特に調整された音色を出すスイス製の製品があり、血流を良くし、体のバランスを正しい状態に整えようとします。

それでは、外反母趾にはどのように有効なのでしょうか。

まず、オルゴールの音に含まれる特定の高周波や低周波が、脳幹や視床下部に働きかけます。

その結果、全身の健康状態を整えるために血流が良くなります。

この健康状態を整えようとする働きが、外反母趾の原因となっている足裏のバランスも整えようとします。

さて、ここでオルゴールを聴こうということになるのですが、特に有効な楽曲がわかっており、バッヘルベルのカノンのその中の一つです。

オルゴール療法は、外反母趾だけでなく、体全体のバランスや、精神的な疲労を癒す効果がありますので、是非とも試してみたい療法です。

なにより、副作用が無いということが安心です。




posted by 歩く人 at 12:19| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外反母趾の手術例

外反母趾の症状がひどくなると、手術を受ける必要が出てきます。

ただ、外反母趾になったらすぐにでも手術が必要というわけではありません。症状のタイプや重さにより、手術の方法も変わりますし、まずは手術以外の方法を試すことが多いでしょう。

外反母趾の治療としては、手術以前に、テーピング、インソールの利用、矯正靴の利用などを行うことがあります。

その上で、外反母趾の症状が重いとされる場合、たとえば足の親指が30度を超えて曲がっているような場合は手術を検討することになります。

そして、外反母趾の手術は、必ずしも完治するとは限らないということも知っておくべきでしょう。

また、外反母趾の手術を行う場合、1〜2ヶ月の入院が必要になることもありますので、注意が必要です。

日常生活や仕事との調整ができなければ、外反母趾の手術を気軽に受け羅れないと言うのが実情です。

さらに知っておくべきこととして、手術をしても外反母趾は再発する可能性があるということです。

手術後も、手術前の生活習慣を継続している場合は、外反母趾が再発する可能性が高いでしょう。たとえば、矯正靴などの利用で、外反母趾を防ぐ習慣を取り入れる必要があります。

以上の様に、外反母趾の手術を受けるには、かなりの覚悟が必要になることがわかります。




posted by 歩く人 at 12:19| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。