2010年12月11日

外反母趾をテーピングで治す

外反母趾の治療法に、テーピングによる矯正があります。

このテーピングによる矯正方法は、誰でも覚えてしまえば自分で継続できることが長所です。

すでに痛みが有る場合でも、まだ痛みはないという場合でも、このテーピングによる矯正方法は有効です。

テーピングの方法はそれほど難しいものではありませんので、一度コツを覚えてしまえば、後は簡体にできるようになります。

テーピングによる矯正は、時間がかかるものです。もちろん症状によりその期間は異なりますが、焦りは禁物です。

また、テーピングの方法も、その症状に合わせて変える必要がありますので、注意してください。

さらに、テープの伸縮性の強さも、症状に合わせて選ぶ必要があります。

これらの方法やテープの選択にあたっては、専門家に自分の外反母趾の症状を見せて相談する必要があります。

一度相談して、正しいテーピングの方法やテープの種類がわかれば、後は自分で治療をけいぞくすることが可能です。

ただし、テーピングだけに頼らず、足の指の運動を行ったり、使っている靴の見直しを行うと行った、日頃の生活習慣の見直しも行うべきでしょう。

このように始めるに当たってやや面倒なテーピングですが、より気軽に試してみたい、という人には、外反母趾防止用のテーピング機能付き靴下がお薦めです。

この靴下でもテーピングの効果を試すことができます。




posted by 歩く人 at 12:20| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。