2010年12月11日

外反母趾のテーピング療法

外反母趾の治療法に、テーピング療法があります。

テーピング療法は、外反母趾による変形部分を矯正する治療法です。

即効性のある治療法ではありませんが、徐々に効果が表れてくるので、長期で行う治療法になります。

当然、症状が重いほど治療の効果が表れるまでの期間は長くなります。

外反母趾の矯正用靴を併用するなど、他の治療法と併用することでより治療効果を高めることができます。

ただし、テープの巻き方を正しく行わないと、治療効果がなくなりますので注意が必要です。

しかしテープの巻き方は決して難しいものではありません。最初に正しい巻き方をきちんと覚えれば、簡単にできるようになります。

正しい巻き方を覚えるまでは、専門家の指導を受ける必要があります。

もしもあまり効果が表れない、ということであれば、テープの巻き方が悪くなっている可能性がありますので、専門家に相談するようにしましょう。




posted by 歩く人 at 12:20| 外反母趾の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。