2010年12月11日

外反母趾対策としての靴選び

外反母趾を予防するにはどのような靴が良いのでしょうか。

まず、外反母趾を誘発しやすい靴は、先の細いパンプスやかかとの高いハイヒールです。

ファッション性重視で靴を選ぶと、どうしても外反母趾になりやすいタイプを選んでしまうようです。

これらの靴では、足の指が動かせないほど窮屈なことが共通点です。

それならば、逆に幅広の靴であれば良いのかというと、必ずしも層ではありません。

幅が広すぎる靴は、前のめりになりやすく、足の指を痛めてしまうということもあります。

そこで外反母趾の人、あるいは予備軍の人にとって重要なことは、靴の専門家がいる店を利用すると言うことです。

もちろん、専門家まかせにしてはいけません。必ず自分で履いてみて、店内を歩き回るなどして履き心地を確認することが重要です。

それでも納得のいく靴がない場合は、少々高く付きますが、オーダーメイドという手もあります。

外反母趾が防げる、あるいは緩和されるということであれば、オーダーメイドとはいえ、決して高すぎるとはいえません。

靴選びは、それほど重要なことなのです。




posted by 歩く人 at 12:19| 外反母趾の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。