2010年12月11日

外反母趾になってしまった時の注意

外反母趾になってしまったとき、やってはいけないことがあります。

まず第一に、先端が細くて足先が窮屈な靴は履いてはいけません。

特に外出するときに、そのような靴を履くことは避けましょう。

外反母趾の症状を悪化させないためにも、幅が広くて足先にゆとりがある靴を履くようにしなければなりません。

ただし、ゆとりがありすぎる靴も注意が必要です。

それは、あまり余裕がありすぎると、歩く度に足が靴の中でずれてしまい、外反母趾を悪化させてしまう可能性があるためです。

外反母趾になったら、窮屈な靴も、ゆとりがありすぎる靴も履かないようにしなければならないと言うことです。

次に、歩かなくなってしまうと言うことも良くありません。外反母趾になると、どうしてもあることがおっくうになってしまうためです。

しかし、この歩かないということも外反母趾を悪化させてしまいます。

外反母趾の症状を改善させるためには、足の指の運動が必要です。ですから、足の指でグー・チョキ・パーを繰り返したり、床に敷かれたタオルをたぐり寄せるといった運動が効果的です。

ただし、すでに歩行できないほどの痛みが生じるほど悪化してしまった場合は、病院で診察を受ける必要があります。

また、5本指靴下や外反母趾用サポーターを使うことは問題がないと思いますが、サポーターの機能が強すぎる靴下は、外反母趾の痛みを強くしてしまうこともありますので、痛いとおもったら、すぐに使用を止めた方が良いでしょう。

何もせずに放っておいても外反母趾は治りませんので、足の指の運動をしたり、必要な外反母趾用の靴下や靴を利用するなどして、症状の悪化を防ぐようにしましょう。




posted by 歩く人 at 12:17| 外反母趾の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。