2010年12月11日

外反母趾は子供も注意

外反母趾は、大人特有の症状ではありません。

子供でも外反母趾になることがありますので、その症状が表れたらすぐに対応しなければなりません。

子供だからと安心せずに、日頃から足の状態に注意しましょう。それは、子供の外反母趾が増えているからです。

その原因は、子供の運動不足や歩き方と言った生活習慣の変化によると考えられています。

もっとも、成長段階にある子供の場合は、正しい矯正で外反母趾が治る可能性は高いとも考えられています。

ですから、外反母趾の兆候を見逃さないようにし、早期発見に努めましょう。

外反母趾の予防や改善には、大人の場合と同様の運動が役に立ちます。タオルを足の指でたぐり寄せる運動や、グー・チョキ・パーを足の指で行うなどが効果的です。

もちろん、外反母趾専用靴下やテーピングによる矯正も効果があります。

また、歩き方にも注意を払ってあげましょう。

他にも、子供の場合は靴のサイズが原因になることもあります。

子供の成長は早いため、すぐに靴のサイズが合わなくなってしまいます。これを見逃すと、外反母趾になる場合があります。

だからといって、大きめの靴が良いわけでもありませんので、常にちょうど良いサイズを履かせるようにしてください。

見極めが難しい場合は、靴屋さんで専門家に見てもらうことも必要です。




posted by 歩く人 at 12:17| 外反母趾の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。