2010年12月11日

予防が重要な外反母趾

外反母趾は圧倒的に女性の病と言われており、外反母趾に悩む女性の数は、同じ悩みを抱えた男性の約10倍と言われております。

このことは、外反母趾が遺伝的要因に由来する場合よりも、機能や快適さよりも見た目を重視した靴を履く習慣が女性に多いためと考えられています。

たとえばかかとの高いハイヒールや、先端が極端に細いといったファッション性の高い靴が、外反母趾の原因となる可能性が高くあります。

また、このようにファッション性の高い靴を履くことにより、足に無理な負担を掛けていることばかりでなく、現代人の足や足の指の筋力が衰えていることも外反母趾の原因と考えられています。

現代人の足の機能が衰えている原因としては、車や電車などの交通機関を利用することで歩く量が少なくなっていることも考えられます。

これらのことから、外反母趾の予防に大切なこととして、足への不自然な負担を取り除くことと、足や足の指の機能を高める適度な運動が上げられます。

足や足の指の筋力を高めると言うことは、土踏まずにある縦横のアーチを鍛えることでもあります。

また、外反母趾の予防は決して難しいことではありません。

大切なことは、予防と初期の段階での治療です。

ですから、常日頃から自分の足に外反母趾の兆候が現れていないか、注意する必要があります。




posted by 歩く人 at 12:16| 外反母趾の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。