2010年12月11日

外反母趾が痛む場合

外反母趾と言っても症状は様々です。中には痛みが伴わないため、外反母趾であることに気付かない場合もあります。

しかし、痛みが出てきた場合は、どのような状況になっているのでしょうか。

外反母趾で痛みが生じるのは、親指の付け根が大きく張り出してしまい、この部分が靴に当たって痛みが生じるというタイプが多いようです。

また、さらに悪化すると、靴を履いていないときでも、立っているだけで痛みが生じる様になります。

ですから、痛みがある場合は、外反母趾としてはかなり悪化していると言えます。

痛みが出た場合には、矯正用の靴を私用したり、テーピングやサポーターにより矯正することを検討すべきでしょう。

とにかく痛みがある場合はすぐにでも対処が必要となります。

また、外反母趾で痛くなる部分は、必ずしも足先だけとは限りません。

特に女性に多いのですが、外反母趾を原因とする膝の痛みや腰痛があります。

これらは、外反母趾によって歩き方が不自然になり、姿勢の悪さが膝や腰に負担を掛けてしまうということによります。

そしてこれらの痛みがより進んでくると、ひどくすると歩くことが困難な状態にまでなってしまいます。

ですから、外反母趾は足先だけの症状だと軽く見ずに、症状が現れたらすぐに対処するようにしましょう。




posted by 歩く人 at 12:15| 外反母趾になったら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。