2010年12月11日

外反母趾を予防する靴下

外反母趾を矯正するために、毎日テーピングをしなければならない、という人も居ることでしょう。

実際に、テーピングによって外反母趾を矯正したり、予防することは可能です。

しかし毎日のテーピングは、手間が掛かり非常に面倒な作業でもあり、また、練習を積まなければ上手に巻くことは難しいでしょう。

そこでテーピングを巻くのは面倒だ、という人にお勧めなのが、テーピングを同じ効果を持つテーピング靴下です。

このテーピング靴下は、履くだけでテーピング同様の効果がありますので、毎日テープを巻く手間から解放されます。

しかもテーピング靴下は、外反母趾の症状に合わせて多くの種類が販売されています。

また、機能面の種類だけではなく、ハイソックスタイプや厚手タイプ、薄手タイプなど、スタイルも各種揃っています。

テーピング靴下の特徴として、ほとんどが3本指タイプになっていますが、これは足裏のアーチを維持し、三点歩行の状態を保つための工夫です。

ただし、外反母趾用のテーピング靴下と言っても、履いてしまった状態では、通常の靴下との見分けは付きませんし、薄手のタイプでは、その上から一般の靴下をはくことができます。

テーピングの手間を省く外反母趾用のテーピング靴下を、試してみてはいかがでしょうか。




posted by 歩く人 at 12:15| 外反母趾グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。