2010年12月10日

外反母趾予防のサンダル

外反母趾で靴を履くのが辛くなってきたというときに、外反母趾用のサンダルを履くことをお薦めします。

外反母趾用のサンダルは、痛みを緩和しながら矯正を行えるというもので、体重を足の裏全体で支える状態になる工夫がされています。

外反母趾用のサンダルは、治療のために1日10分程度履くものや、日常的にしようするためのものがあります。

外反母趾用の他にも内反小趾を矯正するサンダルもあります。

まずは1日10分履けば良いという外反母趾の矯正用のサンダルから試してみましょう。

また、デザインも凝ったものが作られるようになってきましたので、機能だけでなく、デザインでも選べるようになってきました。

外反母趾の症状が出ている場合、靴によって足先を締め付ける習慣がついている可能性がありますので、外反母趾用のサンダルで足先を解放してあげる必要もあります。

これは同時に、足先を締め付けるような靴を履いている人は、外反母趾予備軍であるとも言えます。

そのような人は、靴を履く必要がないときはできるだけサンダルを利用することで足先を解放してあげるようにしましょう。

足先を解放したり、局部的な負荷が掛かりすぎたりする生活を改善することが、外反母趾の予防に繋がります。




posted by 歩く人 at 23:34| 外反母趾グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。